お問い合わせ:京都府競技力向上対策本部

075-414-5868

info@kyoto-kyougiryoku.com

JOC

TOTO

京の子どもダイヤモンドプロジェクト

京都きっず

京の子どもダイヤモンドプロジェクト、通称「京都きっず」は、優れた資質のあるジュニア選手の発掘・育成を行い、将来わが国を代表するアスリートとして国際大会でのメダル獲得を目指すとともに、その経験を活かし確固たる考えと行動力を持ち、豊かで明るい社会の発展に貢献できる若人の人材育成を目指して取り組む事業です。
小学校3年生を対象にタレントを発掘し、小学校4年生から中学校3年生にかけて原則6年間の育成プログラムを実施しています。
発掘・育成プログラムについては、日本オリンピック委員会(JOC)や日本スポーツ振興センター(JSC)、また、日本フェンシング協会や日本バドミントン協会、日本カヌー連盟、大学等の協力のもと実施しています。

2つのプログラムにわけて実施しています。
専門プログラムでは、各競技の専門的な指導を行う指導者には、オリンピアンや実業団で活躍された選手もおられ、レベルの高い指導をうけることができます。

プロジェクトの流れ